北條毅さんのメルマガが
とても響いたのでそのままシェアさせていただきます。


わたしたちはいま、
大きな転換点を迎えています。



ほんの半年前には
想像もできなかったような時間を
わたしたちは体験し

そしてその体験を通して
それまで当たり前だと疑問にすら思わなかったことが

決して当たり前ではなかった
ということに

世界中が気づきうる
とても重要な時間を過ごしてきたのではないでしょうか。


そう、わたしたちはいま、
気づきつつあるはずです。



決して変えられない
とても大きく強固だと思ってきたこの世界が

実は、ある日突然形を変えてしまいうる
とても脆弱なものだったということに。


わたしたちが深く信仰し
信頼と誇りを抱いてきた現代科学が

実は、思っていたほどには
決して万能ではなかったということに。


わたしたちの生活の中で
疑問を抱くことさえしなかった数々の習慣が

決して当たり前のものでは
なかったということに。




『グレート・シフト』

わたしたちはいま、
そう呼んでも過言ではないほどの

人類史上に類を見ないほどの
大きな転換点を迎えています。



この『グレート・シフト』の数年間で
世界は大きくその姿を変えていきます。


数多くの困難と挫折に満ちたように見える
この数年間、ですがそれは

わたしたち人間の思考を超えた
大いなる流れに基づいた

世界全体の覚醒のための
重要な時期だといえるのです。



この2020年は
まだ始まりに過ぎません。

『グレート・シフト』は数年という時間をかけ
段階的で、そして着実な覚醒の道を予定しているのです。



激動のこの2020年。

その上半期は、あなたにとって
どんな意味を持つ時間だったでしょうか。


わたしたち、そして世界全体に
等しく用意された、この2020年という時間。

この時間が指し示すもの、
そしてわたしたちが流れゆく、この時間のテーマは

「社会的幻想からの目醒め」

というものそのものに他なりません。




この社会で、そしてこの世界で
生きていくために

わたしたちが当たり前だと思い込み
信じ続けてきた多くのものがあります。


 生きるとは、こういうものだ。

 働くとは、こういうものだ。

 男性として生きるには、こうでなければいけない。

 女性としての幸せは、こうであるはずだ。

 働くには、こうしなければいけなくて

 生活するには、これが必要で

 結婚とは、こういうもので

 家族とは、こういうもので

 普通の生活とは、こういうもの。


 こういう生き方が、安定していて

 安定しているのが、良いことで

 こういう言動が、良い結果につながって



 それらが、この社会での「普通」な形で

 そうでなければ、この社会では

 「まとも」に生きていけない。


「まとも」でなければ、大変なことになる



そう思い込んできた

「社会のカタチ」

というものを
わたしたちの誰もが、持っています。

それは時として、
持っていることにすら気づかないほどに、無意識に。



人間として生きることは
「普通の人」として生きることは

この「沢山の決まりごと」がある
社会の中で生きることで

そのためには、
「個人的な違和感」なんて我慢するのが当然で。



けれど、

そうやって生きていくのが
人生なんだよね。

そうやって過ごしていくのが
この社会なんだよね。



言葉にすらならないほどの
無意識の中で

そう違和感を抱きつつも


自分ひとりがそう声を上げても
変えることができないと諦め

いつしかその違和感を感じることすら忘れ
わからなくなってしまった。

それが、わたしたちの多くが
いまこの社会で共有してきた道のり

だったのではないでしょうか。



ですがいま、
わたしたちは気づきつつあるはずです。


日常の活動を制限されていた
この数カ月間に

だからこそ、わたしたちは
これまでの「普通」が

実は、決して「普通ではなかった」ことに。


これまでの「社会のカタチ」とは
変えられないと思ってきたこのカタチとは

「決して動かしようのないもの」
だったのではなく

わたしたちが
みんなで「そういうものだと思い込んできた」ことで
成り立っていただけに過ぎなかった

ということに。


そして、自分だけではなく
実はわたしたちの多くが

これまでの「社会のカタチ」に
決して少なくない違和感を感じ、我慢していたことに。



そう、ここは始まりです。

だからこそ、
世界はこれから変わっていくのです。


世界は、この社会は
「思い込みという幻想」で作られていただけで

だから、その思い込みから抜け出すだけで
あなたの世界はあっという間に変容していくのだ

ということに
世界中の人々が気づきつつあるのです。



これから世界は変わっていきます。

ですが、その変化そのものに
目を奪われすぎないでください。


変化は、あくまでも結果に過ぎません。

あなたも、そして世界全体も
数多くの思い込みによって形作られてきました。


つまり、
この『グレート・シフト』とは

世界全体がその集団的な幻想から目醒め、
魂の、真実の姿へと変容していく

その大いなる転換点そのものなのです。

この約束された大いなる時間に
あなたはどのような世界を創造していきますか?


この時期に上手くいかなくなったものがあれば
それは「手放すべき古い幻想の世界」に他なりません。

あなたはどんな世界を生きていますか?
そして、どんな世界を創造していきますか?



8~10月

とても大きなエネルギーが動くときですが
そのエネルギーを

外側に向けるか
それとも内側に向けるのかで

世界もあなたも
大きく分かれていくときです。


外側に向ける者は

激しい怒りや悲しみの感情のままに
人生や世界の不条理を生み出す対象へと意識を向け

そのエネルギーを「闘争と分断」という形で現し


一方、内側に向ける者は

みずからの深い内省と、本質的な気付きに意識を向け
普段では達しえないほどの深い領域での

「内省と統合」という形に現れることになります。


この時期には、
あなたにとって「障害」と思えるような
いくつかの出来事に直面することになるかもしれませんが

それらすべてを
「闘争と分断」をより燃え上がらせる燃料とするのか

それとも、
「内省と統合」のため重要な糧とするのかが

あなたの世界を
大きく分けていくことになるでしょう。



11月

11月は、
「現実と精神のバランスを整え直すとき」です。

現実世界が揺れ
不安が大きくなる時期は

現実の対応に忙殺されるか
精神の安らぎに逃避するか

どちらかに傾きがちですが

この時期は、あなたが現実と精神
どちらに比重をおいているかを確認するときなのです。


現実だけで充分なのではありません。
精神だけでいいわけでもないのです。

現実と精神、その双方
いかに織り交ぜ、これからの生活に落とし込んでいけるのかを
試行錯誤しておく時期です。


この11月までに
どれほどあなた自身を見つめ、気づき直し
そして整え直しておいたのかが

この後に訪れる大変動を乗り越えるための
重要な礎となっていきます。



12月

2020年についに幕を開けた
人類の大転換期『グレート・シフト』

この12月から、
いよいよその勢いを強め

留めようのないほどの激流となって
世界全体を飲み込んでいくこととなるでしょう。


この12月は
決して穏やかな時間ではないかもしれません。

世界全体は大きく揺れ
これまでの当たり前が、ほんのわずかな時間で
当たり前ではなくなり

いままで何の疑問も持たなかった
わたしたちの世界を、その根幹から
次々と、そして徹底的に見直さざるをえなくなる

そんな時間が
これからはじまっていくことになります。


そうしたこの12月を経て
世界の大変革期『グレート・シフト』

その先にある
「大粛清の2021年」へと歩を進める事になるのです。




いま、世界は以前の姿を
取り戻しつつあるように見えます。

ですが、これは一時的な中休みであり
わたしたちに与えられた猶予期間に過ぎません。


新時代へと向かい
世界に目醒めをうながす大いなる流れは

この年末からますます
その勢いを強めていくことになります。


2020年、
ついに世界に激震が走りました。

けれど世界は
いまだその姿を旧時代のままに留めています。


ですが、新時代への扉はすでに開いたのです。



これから、あなたを新時代へとうながす
いくつかの出来事が、あなたの目の前に現れるはずです。


ですが同時に、

新時代への誘いに見せかけた
「実は形を変えただけの、別の旧時代的な世界」への誘いもまた

あなたの周囲に表れることになるでしょう。



何を選ぶかは、あなた次第です。


「正しい答え」を探さないでください。

「正しい答え」を探す行為は
誰かが作り上げた「正しそうな旧世界」

みずから足を踏み出す行為に他なりません。


いまは、わたしたちの魂が、
そしてこの世界全体が

旧時代の価値観を超えた
大きなシフトを果たすときなのです。



答えは、誰かがもたらしてくれるもの
ではありません。

あなたが、あなた自身の内から
感じとり、すくいあげるものです。




あなたを信頼しよう。

この時代に、この世界を選んで生まれてきた
あなたの魂の可能性を信頼しよう。



上手く生きることを辞め
不安なく生きることを手放そう。

ただ、歓びを生きるんだ。



あなたが生きる道は
あなたが求める本当の正解は

他の誰でもない
あなた自身の魂がわかっているのだから。



現実を生きる者にとって
この時代ほど不安なときはない。

けれど、魂を生きるものにとって
この時代ほど歓びにあふれ、本当の自分を
本当の歓びを生きられるときもないんだ。




歓びを選ぼう。
魂を生きるんだ。

ここからはじまる。
約束の時は、ついにきた。



他の誰のようでもない。
他の何に惑わされなくていい。

ただあなたの世界を、あなたの歓びを。



内なる世界に、すべての答えはある。

そのことを、もうあなたは
わかっているはずだから。

———————————————-

 Facebook 

https://www.facebook.com/hojotsuyoshi0412 

HP

https://hojotsuyoshi.com/ 

北條 毅 

———————————————–

Pocket
LINEで送る