“行動できない人”から “行動力のある人”へと変容するための原則

 

行動力があることを

“勇気”のあるなしで

片付けてしまう方がいます。

 

それは非常に浅い。

確かにそれもそうなのですが

ではなぜ勇気があるのか、

勇気が出ないのか

突き詰めて考えたことはありますか?

 

行動できる人とできない人の違いは何か。

 

そもそも行動力とは何か?

 

実は行動力のある人は

自らの純粋性からくる情熱を形にするために

「25-25-50」のバランスで動いています。

このバランスは

「学ぶ、リサーチする」

「観察、分析する」

「行動する」

行動までの動きを3つに細分化し

それぞれに25%、25%、50%

で時間分配をするというものです。

 

つまり、

・学び、リサーチする時間は25%まで

・観察、分析する時間は25%まで

・学び、観察、分析したことを
実際にやってみることに、50%

 

もしあなたが、

違和感に蓋をせず

本当に肌触りに合う

生き方働き方稼ぎ方がしたいと

考えているのなら

25%の時間を、

自分の過去を解析し、

社会構造を学ぶことに費やし、

 

25%の時間を、

すでに自分の望む

生き方働き方稼ぎ方をしている人の

手法やプロセスを観察することに使い

 

50%の時間は、

実際に行動を起こして、

ビジョンを具現化していくことに

費やすのです。

 

動けないのは

・どう動いていいかわからない
(調べていない)

・そもそも本当にやりたいことじゃない
(純粋な欲求、情熱ではない)

・失敗、リスクを取りたくない

 

この3つがほとんどじゃないでしょうか。

 

動けない人は動いている人に

逢いに行ってください。

 

すでに行動に写し、

どこに罠があって穴があって

ここのルートなら安全だよって

経験を伝えてくれます。

 

そしてそのような人と共に走る。

 

すでに出来上がった人に逢って

座学で学ぶことも良いかもしれませんが

今まさに進行形で動いている人と

同じ”時間”と”空間”を共有することで

すごい勢いでシナプスが繋がります。

 

その人の感じていること、

考えていること、行動を

テザリングし、

クラウドできるようになってくるんです。

 

私は無意識にこのバランスで

行動していたことに気づきました。

様々な成功哲学や、ビジネス書を読んで

見えてきたロジックです。

 

ぜひあなたも実践して見てください。

 

私は数よりも

密度と濃度、純度を大切にします。

LINEやニュースレターにて

私の発信を受け取ってくださる方は

サポーターであり、

同志であると考えています。

 

今までの自分の制限を超え

既存システムをかいくぐり

新時代のライフスタイルを創造し

この星に残すため

チャレンジしようと思っています。

 

共に行動してくれる方

その行動を応援してくださる方は

ぜひ今後の動向に注目していてくださいね。

 

大田靖乃


◻︎YaSuNo公式LINE

最新イベント情報やYaSuNoのモノの見方、

LINE登録者限定シークレットセミナーなども配信。

友だち追加

□大田靖乃無料ニュースレター

ブログよりもよりプライベートでざっくばらん

審美を追求するよりディープな内容をお届けしてます。

購読申し込みは▶︎こちら