〜一馬力ビジネスのリスクと限界を考察する〜【靖乃式ビジネス論】vol.1

今日は整理収納アドバイザーとコーチ・コンサル業を通して感じ、腑に落ちた「1馬力ビジネス」のリスクの一部のお話をしていきたいと思います🙌 全文は公式LINEのお友達限定で公開中。 https://lin.ee/vebF4NS ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 1馬力ビジネスというのは何もコーチ、コンサルだけではありません。 美容業オーナーや従来の経営者 美容師、エステティシャンマッサージ師、ヘアメイク業などの全技術職の人、鍼灸師、マツエクオーナーパーソナルトレーナー、ヨガ講師、技術職者、ネイリスト、整体師飲食店オーナー、飲食店員、教職員、インストラクター、占い師、スピリチュアル系…etc. 1馬力ビジネスとは「自分が倒れたり働けなくなったら終了してしまう働き方」の人のこと。 (その中にも身体を使う仕事と、頭を使う仕事に分けられる) 世の中の半分、、いや8割はこの働き方かなぁ 今まではそれでもよかった。 やっていけた。 なぜなら、そういう時代だったし 技術者は、転職すれば働き口があった。 「手に職をつけなさい」とわたしの両親はよく言ってた。 職人やスペシャリスト信仰がすごかった。 じゃあオーナー側や経営側はどうだろ? 人が辞めても資金力があればまた雇う事ができたね。 大量生産、大量消費の時代背景で「商品」や「サービス」が売れたし。 でも今の時代は従来のやり方と働き方だともう限界。 地球も🌏悲鳴をあげているしようやく企業もサステナブルな道を模索、実行し始めてる。 先が長い人で5年〜10年保てれば立派かな。 大体の人は今、稼いでいても3年は持たない方が大半。 なぜか?アナタの仕事は1馬力だから、そうなるし 今のやり方全てを一気に変える必要はなくても新しい時代のやり方、仕組みの作り方をしっかり考えているか?行動できているか? 考えたことなかった!ってことなら、本当に厳しいのがリアルな現実。 わたしが自分のビジネスに違和感を感じ軌道修正かけていったのが2018年 そこから沖縄へ戻り、コツコツ構築していった。 300万以上のビジネス講座を受講してた頃 実際に高額講座を作り、どんどん売上を上げれば上げるほど 嬉しさと同時に違和感が強くなった。 そこで起業塾の先生に この先、もっと自分に合った自分も生徒も豊かになる方法はないか? 真剣に相談した。 https://lin.ee/vebF4NS