私は収納術や収納便利グッズをお勧めしません。

 

その理由は、

シンプルかつ美しさから

遠のいていくような感覚があるから。

 

 

便利だし、可愛いし、イイな♬

って思うものも中にはあります。

しかし、本來なら家にある収納スペースで十分事足りるはずなんです。

日本人は自然素材を使い、

縁側や障子で自然を取り入れながら

茶室や石だけの庭のように

ムダなものを取り払った簡素な美を追求してきた文化。



ちゃぶ台ひとつで

リビング・ダイニングテーブルの役割を担い、

ちゃぶ台を片せば寝室に。

一つの空間を何通りにも

上手に使う技能に長けているのですから、

モノがありすぎて収納グッズを

増やしていくのは

らしくないんじゃないかと思うのです。

 

収納グッズなど増やす以前の第一次原因。

そもそも・・・

じぶんにとっての1番の軸
幸福感・安心感を感じるモノの量や
人間関係を自覚できていない
「自分が本当に欲しいものは何なのか」
がはっきりしていない・・・
自分にとって何が必要で
何が必要でないかが分からないままに
モノが溢れる家に収納グッズを追加し、
限られたスペースに
上手にしまい込む技術や
スキルを身につけても、
一時的にはお部屋は
片付くかもしれませんが
根本的解決には至っていない。

 

だからいつまでたってもリバウンド。

今は情報もモノも溢れ、選択のパラドックス状態。

常にナニカに反応して生きている人ばかりです。

人の目や自分が社会的に

どのような位置にいるかなんてどうだっていい。

美しいものに囲まれた暮らし・生き方とは

『自分にとって心地よいと感じられる人やモノと時間と空間を創る』というコト。

それが地球の生態系の一部としても

一番自然なんじゃないかなって。

ぶっちゃけ本当に必要なものって

意外と少ないもんです。

毎月全国各地にスーツケース一つで

出張してた時期があったのですが、

いかになくてもいいものを持って

自らを制限し、重くなり

不自由になっていたかを痛感しました。

なぜ自分の部屋、

家は散らかっていて片付かないのか。

すぐに片付けにとりかかりたい

気持ちもわかりますが、手順が大事。

他者はもちろんですが、

部屋も自分の鏡、リンクしてます。

空間から自分のココロを

客観的に分析してみてください。

 


▼ YASUNO 公式 LINE@ ▼

11トーク可能♫ 友達追加したら
スタンプか一言いただけますと幸いです!

 https://line.me/R/ti/p/%40aot9765i

▼ 大田靖乃 NEWS LETTER ▼

 https://www.reservestock.jp/subscribe/77994

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です