Natural Cleaning

お掃除は洗剤と汚れの特性を知る事!
  ナチュラルクリーニングのすすめ!

私が様々なご家庭を訪問させていただいて感じるのは、お掃除を頑張ろうとしている方に限って
「ただただ洗剤の数だけが増えてしまい、うまく使いこなせていないご家庭が多い」ということ。
お掃除をするにあたって、トイレ用やバスルーム用、キッチン用などエリアごとに様々な洗剤が市販されていますが、企業側の販売促進のための戦略。

全種類を揃える必要は全くありません。

私がお勧めしたいのは『ナチュラルクリーニング』

自然派志向の方はすでに取り入れている方も多いですね。

■ ナチュラルクリーニングとは?

ナチュラルクリーニングとは、身近にある安心素材で人や環境に優しい掃除方法のことです。

自然界にある素材を使って作られた洗剤であるナチュラル洗剤を使ったお掃除をします。

ナチュラル洗剤は
環境や身体に優しいので子供がいても、
ペットがいても安心して使用出来る洗剤です。

収納場所をたくさんの洗剤で埋め尽くすこともなく、すっきりと片付いた本当に必要なもの、fitするものに囲まれた暮らし。

昭和のおばあちゃんのように

地球にも人間にも優しい
自然の洗剤を使用して
楽しくお掃除をしていきましょう。

■ ナチュラル洗剤は洗浄力が弱い!?

よく「ナチュラルクリーニングを試してみたけどあまり汚れが落ちなかった」という方がいらっしゃいます。

それは汚れの特性と洗剤の特性をきちんと理解していないから。

ナチュラル洗剤でも適材適所に用いればしっかりと汚れは落ちるのです。

「汚れ」というカテゴリも大きく「アルカリ性」「酸性」の2つに分けられます。

アルカリ性の洗剤は酸性の汚れを、
酸性の洗剤はアルカリ性の汚れをおとします。


【酸性の汚れ】
・油汚れ(手垢やベトツキなども)
・衣類の皮脂汚れ
・血液汚れ
・嘔吐物
・湯垢

【アルカリ性の汚れ】
・水垢
・尿石などの汚れ
・石鹸カス
・カルキ汚れ
・サビ
・ヤニ汚れ

酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤。
酸性のタンパク質を分解するので威力を発揮します。

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤。
水垢や石鹸カスを溶かすので水回りのそうじに威力を発揮します。

■ナチュラル洗剤は以下の5つを揃えよう
  • 重曹(温泉の天然成分のひとつ)
    油汚れや酸性の汚れに効果的。
    粒子が細かいので研磨作用もある。
    便器の黄ばみや、浴室の湯アカなどに。
  • クエン酸(レモンや梅干しに含まれている成分)
    水に溶けやすく使いやすい。
    水アカや石けんカスなどアルカリ性の汚れを中和する。
    雑菌の繁殖を抑える。
    トイレやバスルーム掃除に。

 

  • 酸素系漂白剤(塩素系に比べ、低刺激でやさしい成分)衣類などの漂白作用に加え、カビ取りや除菌作用がある。
    水回りの掃除や洗濯向き。
    浴室の黒カビ、プラスチック製品やガラスなどに。

 

  • 液体石けん(シャンプーなどに使われる天然原料)
    油を遊離させ、酸性の汚れを中和する。
    さまざまな場所に使えます。

 

  • エッセンシャルオイル(ハーブや樹木などから抽出した天然成分)
    種類によっては消臭や除菌効果をもつものがある。
    香りづけのため、水拭きの水に入れて使用。
    掃除向き:ティーツリー、オレンジ、ラベンダー、ユーカリなど。

実はこれだけあれば十分なのです。

上記のアイテムを汚れや場所に合わせて
水に溶かしたり、ペースト状にしたりして使用します。

場所もとらないですし、お気に入りの容器に移し替えればよりセンスよく見せることができますよ。^^